So-net無料ブログ作成

界面活性剤の危険性 [社会ニュース]

去る5日、順天郷大学天安病院の農薬中毒研究所ホンセヨン教授らは、シャンプーや石鹸に含まれる界面活性剤が人体に致命的な毒性を及ぼすという研究論文を発表した。低血圧、意識消失、呼吸不全などまで引き起こすことができる危険である。論文には、毒性を持つ界面活性剤の6種類(深刻な毒性3つ、中等度の毒性3つ)の名前が公開された。多くの消費者は、シャンプーや石鹸を使用して界面活性剤の中等度の毒性を有するラウレス硫酸ナトリウム(SLES)にさらされているという事実に不安を抱いている。

界面活性剤とは?

界面活性剤は、水と油に容易に溶ける両方の性質を持つ物質で、汚れを除去するために使う製品に入っている化学成分です。石鹸、シャンプー、クレンジング、ボディーウォッシュ、食器洗剤はもちろん、洗濯洗剤、化粧品にも入っている。

5歳と2歳の息子二人を育てる、ソウル新林洞の主婦チェさん(36)は中等度の毒性がある界面活性剤である"ラウレス硫酸ナトリウム(SLES)"は、皿洗いや洗濯洗剤はもちろんのこと、子供たちが使う子供用石鹸とボディーウォッシュ、シャンプーの両方に入っていることを確認した。一部の製品には、もう一つの重症度の毒性を持つラウレス2(LE- 2)も入っている。チェさんは、"界面活性剤の毒性が人体に致命的な毒性を起こす場合は、直ちに使用を中止すべきではないか"と指摘した。

徹底的に管理...危害性がない

今回の論文を発表したホン教授は、"農薬や生活用品に入る界面活性剤は、容量が異なり、単純比較は難しい"とし、"名前が同じなら、毒性がある可能性があるが、どのように使うのかによって変わる"と説明した。食品医薬品安全庁は市中に流通する製品に入って界面活性剤には致命的な毒性がないと釈明した。キムジンソク食品医薬品安全庁のスポークスマンは、"現行の"衛生用品の規格及び基準"に基づいて濃度と容量を徹底的に管理している。毎日使用する製品にたくさん入っているにもかかわらず、誰も死んだという話はないではないか"と反問した。

皮膚刺激副作用、使用方法に従う必要が

界面活性剤に対する不信感は相変わらずだ。シャンプーと洗浄製品に界面活性剤が入るとは知っているが、どのような種類の界面活性剤が入っているのか、その成分が危険なわけではないのかを明らかにするのは難しいからだ。シャンプーの裏の成分表示には、難しい化学用語が記されている。

また、一部の界面活性剤は、皮膚を刺激し、かゆみや乾燥を誘発することがある。オソングン漢陽大学化学工学科教授は、"いくつかの界面活性剤は皮膚刺激を引き起こすことがある。あまりにも種類が豊富なうえ、広範囲に使われるため、動物の皮膚に塗って刺激性を調べた後、製品化することがわかっている。刺激を軽減するためには、きれいな水で十分に洗い出すことが重要だ"と伝えた。

エギョンとLG生活健康などの生活用品メーカーは、"人体に大きな被害がない"とし"誤用して飲まずに、使用方法を遵守しなければならない。シャンプーや洗剤はすべて水で洗って流すという前提の下で出てきた製品だ"と明らかにした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。